続・スマホの“スマートな落下防止”について考える。

スマホの“スマートな落下防止”に憧れて。

かなり前に。

『スマホの“スマートな落下防止”を100均グッズで考えてみた。』というタイトルで
1本書いている訳なのですが。

実は。
スマホ 落下防止 100均”なんてキーワードで検索して、ウチのサイトへご訪問を
いただいている方が、少しですがいらっしゃるようでして。

ほほぅ。これは
「スマホって“スマート”と言っている割には、なかなかスマートな落下防止具って無いんだよねぇ」なんて、私みたいな思考パターンの人が少なからずいるってことなんじゃないかと。

※スマート【smart】には、“利口な”とか“[機器が]高性能の”といった意味のほかに、“格好いい”とか“おしゃれな”なんて意味がありますね。ちなみに“痩せている”という用法は、和製英語なのだそうです。(英辞郎より)

とにかく。

私が欲しいのはできるだけコンパクトで、しかも机に置いた時とかにカタカタしない、
ミニマムな落下防止具。

実は、このたびスマホを新しくしたものですから、
それを機に前回のアイデアをさらにブラッシュアップして、考えてみました。

さて、本題。

スマホの落下防止のために用意したもの

買ったのは、自分のスマホに合った型の専用ケースと手芸用のカラーゴム、そして接着剤。

スマホの専用ケース以外は、どれも100均やホームセンターで揃うものばかりで考えてみました。

カラーゴムを通して接着したところ

カラーゴムを、スマホケースの穴を通しながらリング状にして、端と端を接着したらできあがりです。
(私は裁縫が苦手なので接着しましたが、ここはもちろん縫いつけた方が安心ですね。)

カラーゴムを通したところ(表側)

こちらは、ケースの外側から見たところ。

私は透明ケースを使っているので、内側のゴムが見えないように、ケース内側にプリントした紙を挟みました。
透明ではないケースでしたら、こういった紙は必要ないですね。

スマホの落下防止-指を通してみる

指を通してみれば、この通り。

はい。
現時点ではベストな、“スマートな落下防止ができました。
※個人の感想です。

使用上のご注意です。

私もこの形でひと月近く使っているものですから、まあだいじょうぶかなと思っては、いるのですが。

このやり方の場合、接着したゴムがもし切れたり
剥がれたりしてしまうと、最悪の場合スマホの破損につながりますので、
そのあたりはくれぐれもご注意の上で、お使いいただきたいところです。

ゴム部分を持って振り回したりとか、
強い力を掛けたりは絶対にしないように、ご使用前の強度確認は念入りに。

そこはやっぱり“自己責任”ということで
くれぐれも、お願い申し上げますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。