クリップオンマルチ2000をぷちカスタマイズしてみた。

ワタシの“推し”多機能ペン。

ワタシの“一軍ボールペン”のひとつである、ゼブラ社クリップ-オン マルチ2000

ゼブラ クリップ-オン マルチ2000

このラバーグリップ不使用で、しかも細身(軸径13.3ミリ)の四色(黒・赤・青・緑)ボールペン+シャープペンシルの多機能ペンは、ワタシの理想の条件をいくつも兼ね備えているボールペンなんです。

(…ええと。実はワタクシ、ボールペンとかに使われているラバーグリップのあの、ゴムの感じがどうにもニガテなんですわ。(^^;)

…で。
これだけ推しポイントを兼ね備えたクリップ-オン マルチ2000なのですが、実はワタシ的には唯一、そのインクだけがザンネンで。

このペンの純正パーツであるSK-0.7芯は、いわゆる油性インク。
乾きが早くて、にじみにくくて…という、いかにも“昔ながらの硬派なインク”なのですが。
残念ながらこのインク、(私が使っている感じでは)やや詰まりやすいため、いざという時に書けない!というケースも多いんですね。

そこで。
この一軍ボールペンの弱点を補うべく、ぷちカスタマイズです。

いざ。ぷちカスタマイズへ。

実は“カスタマイズ”といっても、そんなに大げさな話ではありません。
なにせ“クリップオンマルチ 改造”で検索してもらえれば、すぐに見つかるテクですので。

EK-0.7芯とSK-0.7芯(1)

私が用意したのは、同じゼブラ社のエマルジョンインク多機能ペン スラリマルチにも使われている、EK-0.7芯。

EK-0.7芯とSK-0.7芯(2) SK-0.7芯の方が8.2mm長い

メーカー公式サイトによると、SK-0.7芯全長89.8mmEK-0.7芯全長98.0mmと、EK-0.7芯の方が8.2mm長いので、その部分をカッターで切り落として、と。

EK-0.7芯とSK-0.7芯(3) EK-0.7芯を8.2mmカットする

あとは短くしたEK-0.7芯を、クリップ-オン マルチ2000本体にセットし直すだけです。

はい。
細身で、しかもエマルジョンインクの良さを活かした、なめらかな書き味の多機能ペンができあがりました。\(^^)/

※当然のことながら、以上の改造は保証外になってしまうなど、メーカー非推奨となります。
 真似をされる際はあくまでも自己責任で、とゆーことでお願いしますね <(_ _)>。

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。