ツイストリングノートのA6サイズが出たっ!(印刷したGoogleカレンダーを入れてみた編)

ツイストリング・ノートの魅力。

知らない方のために、まずかんたんに説明をしておくと
(株)リヒトラブツイスト・リングノートは、リングで
ページを綴じるタイプのノートです。
「それってルーズリーフでしょ?今までにもあったよ」と思うひとも
多いかもしれないけど、このノートのひとつめの特長は
180度じゃなくて、360度まるっとノートを開いて
使えること。

360度開く

さらにふたつめの特長は、ページを左右の手で持って
上下に軽く力を加えるだけで、かんたんにリングがはずれる機構
なっていること。
(はめるときは、ぱちんぱちんと各リングを留めていくだけです。
 もちろん、持ち歩き中にはずれてしまうなんてことはありません。(^^)v

このツイストリング・ノートシリーズは、2009年の発売以来
年間140万冊を突破!という、まさに知るひとぞ知るノート界の期待の新人。
サイズはこれまでのB5とセミB5・A5・メモサイズに加え
先日、ついにA6サイズB6サイズ
発売されました
、というわけなんです。キャー

文庫本と比較

※サイズがわかりやすいように、文庫本と並べてみました。(^^)

ツイストリング・ノート(A6) + Googleカレンダー印刷 = ?

リーフの抜き差しが可能なA6サイズのノートが出た、ということは
私が以前から印刷して持ち歩いているGoogleカレンダー
なんと、コレに入れられるではないですかっ!
…というわけで、やってみましたよ。
印刷したGoogleカレンダーに、ツイストリング・ノート専用パンチ
穴をあけて…と。

ルーズリング・ノート専用パンチ

ノートにセットしたらほら、この通り。

Googleカレンダーをツイストリング・ノートにセット

以前はA6サイズのバインダーが無くて、
スケジュールとメモページを持ち歩くのに、A6サイズのシステム手帳を
自作したり
していた訳なのですが。
このツイストリング・ノートは、システム手帳より穴の数が多い分
ひとつひとつの穴にかかる力が分散されるので、
紙の端からリング穴までの距離を短くすることができます。
ということは、書くときにリングが邪魔になることが少なくなるワケで。
しかもノートを開くときに、他のページにかかる可能性も低くなるので
従来のリングノートと比べて、動きがスムーズになっているようです。

ツイストリング・ノート公式サイト

私も実際に使ってみました。
専用パンチの使い方に少しコツがいりますけど
きちんと穴を開けさえすれば、あとはスムーズに開閉できましたよ。
ノートが薄くてすむのも魅力ですね。おすまし

入手したい方へ。

実はこのA6サイズ、Amazonでは見つけることができませんでした。
ちなみにリヒトラブ社のプレスリリースによると、7月下旬には
発売を開始しているらしいのですが、扱っている文房具店が
本当に少ないようです。(2013.11.21現在)
と、なると。あとは楽天で買うか、ということになるんですが
231円(税込)のノートに、その倍以上の送料がかかってしまうという…(T_T)。
もし近所に文房具店がある方でしたら、お店にお願いして
取り寄せてもらうのが、おすすめです。

参考サイト
【文具王】ビジネスにも向く“ほぼ最強”ノート!リヒトラブ「ツイストリング・ノート」 日経トレンディネット
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090917/1028863/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です