A6サイズのシステム手帳。~(3)Googleカレンダーとの連携編~

※ 2013/02/28 好評につき、詳しい記事を新たに書き下ろしました。

ガワはOK、あとは中身を用意するだけ。

さて、前回までで手帳の型が整いました。
あとは、GoogleカレンダーをA4の4分の1にプリントアウトして
システム手帳用のパンチで穴をあけるだけ、です。(^^)
残念なことに
Googleカレンダーには、あまりきめ細かな印刷設定がありませんので
今回は、Microsoft Outlookとの合わせワザを考えてみました。

まずは、Google Calendar Syncをインストールしよう。

以前から私は、Googleカレンダーよりも
Outlookの画面の方がスケジュールの入力がしやすいという理由から
Google Calendar Syncをインストールして使っていました。
これさえあれば、Outlook上のスケジュールと
Googleカレンダーのスケジュールとを、自動で同期させることができます。
スマホのカレンダーで入力、修正した内容が
わざわざ手間をかけなくても、GoogleカレンダーとOutlookの予定表に
そのまま反映される、というわけですね。

Google Calendar Sync

・Google Calendar Sync のスタート ガイド
 http://support.google.com/calendar/bin/answer.py?hl=ja&answer=89955

次は、Outlook用予定表印刷アシスタントをインストールしましょう。

実は。
初期設定のままでは、印刷機能がかなりさびしいOutlookですが
マイクロソフトで公開されている、Outlook用予定表印刷アシスタント
インストールすると、かなり“手帳っぽい”印刷ができます。

Outlook用予定表印刷アシスタント

例えば私の好みは、見開き2ページで1週間を印刷するフォーマットと

見開き2ページ1週間

1ページにひと月を印刷するフォーマットの2種類。

1ページ1カ月

これを、1ページあたり4分の1サイズになるように縮小印刷して
システム手帳にはさむための6穴をパンチしたら、はいできあがり。

プリントアウトした予定表をバインドしたところ

これで、Googleカレンダーの内容をそのままプリントアウトして
持ち歩けるシステム手帳が完成しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です