instagramの料理写真をもっと美味しく。おすすめの撮り方やアプリ、加工テクニックを教えちゃうよ。(前編)

実はワタクシ。
今まであまりアピールしてきませんでしたが、一年ほど前からinstagram
自作の料理を撮って、ハッシュタグ #オトコメシをつけて
公開しちゃったりしていまして。

正直なところ、まだまだ料理の腕前は70点ぐらいといったところなのですが。
Webデザイン・制作を生業にする身として、写真を撮りぃの、
スマホで加工しぃの、インスタで公開しぃの、は得意分野です。

これらの作業を一年ほど続けてみて
美味しい料理写真を公開するにはどんなふうに進めたらいいのか、
自分なりのやり方が、ようやく確立できてきました。
そのノウハウを、ここで特別にみんなに伝授しちゃおうかな、
ということで、前後編に分けて書いてみますね。

Step1. 料理写真を撮る。

たとえば今回、私の撮った元の写真はこれ。
トマトソースのシーフードスパゲティですね。

トマトソースのシーフードスパゲティ

ちなみに、私からの撮影アドバイスとしては

  1. できるだけ太陽光の入る明るいところで撮るべし。
  2. 少しだけズームをONにして撮るべし。
  3. 露出補正をプラス側にして撮るべし。
  4. マクロをONにして、料理のどこにピントを合わせるかを意識して撮るべし。
  5. ホワイトバランスをきちんと合わせるべし。

の5つ。
1.の太陽光で撮る、の理由は、できるだけ明るい場所で撮れば、
料理全体も明るく映るし、手ブレも少なくなりますね。
2.については、ズームを使うことで、食器などが歪んで写るのを防げます。
3.の露出補正がちょっと難しいですが、実はデジカメはその仕組み上、
特に白い食器が使われている場合は、どうしても写真全体が暗めになります。
露出補正をプラス側にして、少し明るめの写真にしてあげましょう。
私の今回の写真は、+1.0の露出補正をかけてあります。

ちなみに料理を撮るアングルは、私は斜め上からが多いですかねぇ。
ふだん食べるときに料理を見る角度から撮る、というのがいちばん
美味しそうに撮れると思っています。

本当は
F値(絞り値)を低くすれば、被写界深度(ピントの合う範囲)も浅くなるから…
なんて専門的な説明もあったりするのですが、そこはまぁ置いといて。おすまし
ひとまず上の5つのコツさえ押さえておけば、狙った箇所にピントの合った
明るい料理写真が撮れることでしょう。

…え?撮るのはスマホでもいいですか?って?
これらの設定が細かく出来さえすれば、スマホ撮りでも構わないと思いますが
実は、私のスマホはカメラ機能が物足りないので、
コンデジ(Canon PowerShot G16)で撮ってからスマホへ転送し、
スマホで画像加工して、それをinstagramへ送信していますね。

次回予告、のようなもの。

…さて。以上、料理撮影までを説明しました。
このあとの画像加工については、ごめんなさい。
長くなりそうなので、また次の機会に書かせてもらいますね。
それでは、また。(^^)/
参考リンク
デジタル一眼レフカメラの基礎知識 – 露出 | Enjoyニコン | ニコンイメージング
※後編はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です