“薄いメモ帳”を100均グッズで自作してみた。

まだまだ、軽装で外出したい季節ですね。

ふだん。私の手帳の定位置は、ジャケットの内ポケット。

ジャケットの内ポケットに手帳

でも。このところ涼しくなってきたとはいえ
暑い日には上着ナシで、できるだけ軽装で出かけたいですね。
シャツの胸ポケにもすっと入れられて、しかも
ふだん使いの手帳とも相性がいいシステムは無いかしら、と
かなり以前から、ちまちまと考えを巡らせていました。

“薄いメモ帳”って、いいね。

手帳の主な機能といえば、だいたい次の3つに集約されるでしょうか。

  • スケジュール管理機能
  • メモ機能
  • アクセサリー機能(名刺やカードなどの収納)

ひとまず、スケジュールはスマホでも確認できますから
あとはメモ機能だけでもコンパクトになれば、
スマホ+コンパクトなメモのセットだけで、スマートに出かけられそうです。
…なんて考えていたら。
同じようなことを考えるひとってのは、いるものですね。
abrAsus(アブラサス)の“薄いメモ帳というガジェットが
すでに商品化されていました。

…でもね。これ5,950円しちゃうんだな…(^_^;)。(2014年9月現在)
理想的な商品だとは思うんだけど…ちょっと高いかな…と。
ちょっとだけ試しに使ってみて、いける!ということであれば
もちろん、この金額も惜しくないと思うのだけど。(*_*;

“薄いメモ帳”を100均グッズで自作してみた(材料調達編)

(前置きが長くなりましたが。(^_^;)
この、薄いメモ帳のウリは
どこにでもあるA4コピー用紙を折りたたんで、はさむだけで
7ページの薄いメモ帳のできあがり。
ということ。
だったら100均グッズでも、これに似たようなサイズの商品があれば
じゅうぶん自作できそうです。
そこで100円ショップへ行って、これらのブツを調達してきました。

自作版 薄いメモ帳の材料
  • 名刺ケース
    “本体サイズ 約79×109mm”と書いてありました。
    A4(297×210mm)の八つ折りサイズ(74.25mm×105mm)より、ひとまわり
    大きなものを探しましょう。
  • クリアフォルダ(A4)
  • 両面テープ
  • 専用リフィル
    オフィシャルサイトで公開されていたテンプレートを、A4紙にプリントアウトしました。

“薄いメモ帳”を100均グッズで自作してみた(作り方編)

ちょうどイイ感じのの名刺ケースさえ手に入れば、作り方はとてもかんたん。
クリアフォルダの袋になっている部分を残して
名刺サイズ(74×105mm程度、だいたいで良いです)に切ったら
両面テープで名刺ケース内側、開いたときに右側になる面に貼りつけて
専用リフィルをセットして…と

自作版 薄いメモ帳にリフィルをセット

はいできあがり。

自作版 薄いメモ帳完成

ほら。このサイズだったら、シャツの胸ポケにも余裕で入りますね。

薄いメモ帳を胸ポケットにイン

ちなみにボールペンは、ゼブラ 手帳用ボールペン T-3を買いました。
こちらは100均グッズではありませんね。ごめんなさい。(^_^;)
もし100均グッズで揃えたい、ということであれば
100円ショップにも、サイズは違いますが手帳用ボールペンはありますので
そちらをお買い求めくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です