悩める男たちへ。パーティーの服装は、こうキメよう。(後編)

前回の続きです。

お辞儀じゃなくて、握手をするのがパーティーだから。

ちょっと前に読んだ
外食コンサルタント サカキシンイチロウさんのエッセイ
なるほど、と思えるひとことがありました。

お辞儀じゃなくて、握手をするのがパーティーだから、
靴にこだわるよりもオトコはネクタイ。

(おいしい店とのつきあい方 サカキシンイチロウの秘密のノート#113
 食べる姿をもっとステキに。その9より)

握手をするときにまず、目につくところはといえば
やっぱり相手の胸元ではないかな、と思います。

と、いうわけで。
私のパーティーコーディネートは、ふだんも着ているビジネススーツ
ワインレッドのベストと黒の蝶ネクタイ、そして赤のポケットチーフが
基本スタイルなんです。

私の基本パーティーコーディネート

え?
『ベストも蝶ネクタイも、ふつうのひとは持ってないよー。』(+_+)
ですって?

だいじょうぶ。最近ではAmazonでも、ベスト蝶ネクタイは売ってますから。
しかも、けっこうお値ごろな価格で。

ここまでこだわれば、さらにカンペキ。

さらにゼイタクが許されるのでしたら、ワイシャツの袖口から見える部分に
こだわるのも、ポイント高いですね。
握手するときだけじゃなくて、たとえば立食パーティーで
料理の皿を取るときとか、男性の手元って意外と見られていますから。

袖口からなにげに、ちらっと見えるカフリンクス
ビジネスっぽくない、しゃれっ気を感じさせる腕時計。
自分は金銭的な問題もあって、そこまで手をかけていませんが(^_^;)
オトナの男をめざすのであれば、ぜひこだわりたいところですね。

あ、そうそう。
あまりオシャレ過剰な靴はおすすめしないけど
もし足元を見られた場合にがっかりさせないように
履きなれた靴でいいから、ちゃんと磨いたものを履いていこうね。おすまし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です